現在の登録選手:15551人 登録動画:2921本 
高校野球新聞ロゴ
 10月18日の新登録選手
清宮幸太郎(早稲田実)
橘内俊治(早稲田実)
堀川尚希(二松学舎大付)
伊東翼(東海大高輪台)
小玉佳吾(東海大菅生)
田中幹也(東海大菅生)
岡崎心(帝京)
田中悠我(帝京)
門脇誠(創価)
宮田蒼太(関東一)
宮本博文(修徳)
石橋康太(関東一)
米原大地(八王子)
早乙女大輝(八王子)
桜井周斗(日大三)

 都道府県版
 北北海道高校野球新聞
 南北海道高校野球新聞
 青森高校野球新聞
 岩手高校野球新聞
 宮城高校野球新聞
 秋田高校野球新聞
 山形高校野球新聞
 福島高校野球新聞
 東東京高校野球新聞
 西東京高校野球新聞
 神奈川高校野球新聞
 埼玉高校野球新聞
 千葉高校野球新聞
 茨城高校野球新聞
 栃木高校野球新聞
 群馬高校野球新聞
 山梨高校野球新聞
 新潟高校野球新聞
 長野高校野球新聞
 富山高校野球新聞
 石川高校野球新聞
 福井高校野球新聞
 愛知高校野球新聞
 岐阜高校野球新聞
 静岡高校野球新聞
 三重高校野球新聞
 大阪高校野球新聞
 兵庫高校野球新聞
 京都高校野球新聞
 滋賀高校野球新聞
 奈良高校野球新聞
 和歌山高校野球新聞
 鳥取高校野球新聞
 島根高校野球新聞
 岡山高校野球新聞
 広島高校野球新聞
 山口高校野球新聞
 徳島高校野球新聞
 香川高校野球新聞
 愛媛高校野球新聞
 高知高校野球新聞
 福岡高校野球新聞
 佐賀高校野球新聞
 長崎高校野球新聞
 熊本高校野球新聞
 大分高校野球新聞
 宮崎高校野球新聞
 鹿児島高校野球新聞
 沖縄高校野球新聞

会田 隆一郎(酒田南)


 選手プロフィール
地区: 山形投打: /
高校: 酒田南身長: 181cm
学年2012体重: 81kg
守備: 投手 最速140キロ超
短評:

1年の春からエースとして注目を集めてきた。最速では147キロを記録したこともある右腕だが、調子を崩した時期があり一時はサイドスロー気味に転向するなど高校時代は苦しんできた。その最後のチャンスをものして甲子園に出場する。 140キロ前後のストレートで投球回数とほぼ同じ数の奪三振を奪う。調子が良い時は手が付けられず、初戦の山形学院戦と準決勝の山形中央戦では完封をした。一方で25.1回を投げて被安打23、与四死球が9と決して盤石とは言えないが、甲子園ではどのようなピッチングを見せてくれるか注目したい。その会田を救援するのが同じ3年生の板垣瑞希。地区大会では3試合に登板し15.2回を投げて失点はわずか3と役割を果たした。


前から見たかった投手ですが、初めて見た感想は以下の通り。


ノーワインドアップから、膝を内に引き上げて、溜めて、ショート方向に足を伸ばして、腰を大きく落として、インステップ気味に、担いで、スリークウォー
ターよりも下から投げ込んでくる。体がかなり強そうですね。左腕を下から上に使って、引き込みは早い。捻転差は維持しようとはしているものの、腰の横回転が強く、着地も早い。

テイクバック大きくないものの、肘がやや背中側に入りすぎて、着地が早いことも相まって上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきますし、肘から先を立てて使えるタイプです。フィニッシュでは、インステップによって腰が詰まり気味で、首を振って、グラブは後ろに流れてしまいます。この腕の位置で投げるのであれば、グラブの抱え込みは必須です。牽制を入れて、クイックもしてきます。


球種的には、MAX143㌔を計測したストレートと、120㌔台のカットボールと、110㌔台の縦スラと、130㌔台のフォークと、130㌔台のシンカーは
確認。ストレートにはかなり威力がありましたし、フォークとシンカーは中々の代物でしたね^^コントロールも意外に纏めては来ましたが、甘いのも散見されました。

余談ですが、インサイドには弱いですが、甘い変化球は豪快にレフトスタンドに叩き込んで来ましたが、打撃にもまずまず見どころはありました。

という事で、1年生の時から騒がれて、その後は制球難からサイドスローにしたりと苦労を重ねてきたようですけど、事前に想像していたよりは遥かに良い投手だと思いました^^

まあ大学では欠点を矯正していければ(特に腰の落としは緩和すれば腰の横回転も緩和されるし、左肩に意識を持てば開きも緩和される)、別人のように進化するのは明らかですので、4年後にどのくらいの高みに登れるのか期待して見守りたいものです^^

情報提供:アマチュア野球通信



 動画
3本の動画が見つかりました。
会田 隆一郎(酒田南)の動画その1
会田 隆一郎(酒田南)の動画その2
会田 隆一郎(酒田南)の動画その3

 スカウトの評価

ノーワインドアップから、膝を内に引き上げて、溜めて、ショート方向に足を伸ばして、腰を大きく落として、インステップ気味に、担いで、スリークウォーターよりも下から投げ込んでくる。体がかなり強そうですね。左腕を下から上に使って、引き込みは早い。捻転差は維持しようとはしているものの、腰の横回転が強く、着地も早い。

テイクバック大きくないものの、肘がやや背中側に入りすぎて、着地が早いことも相まって上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきますし、肘から先を立てて使えるタイプです。フィニッシュでは、インステップによって腰が詰まり気味で、首を振って、グラブは後ろに流れてしまいます。この腕の位置で投げるのであれば、グラブの抱え込みは必須です。

牽制を入れて、クイックもしてきます。

球種的には、MAX143㌔を計測したストレートと、120㌔台のカットボールと、110㌔台の縦スラと、130㌔台のフォークと、130㌔台のシンカーは確認。ストレートにはかなり威力がありましたし、フォークとシンカーは中々の代物でしたね^^

コントロールも意外に纏めては来ましたが、甘いのも散見されました。

余談ですが、インサイドには弱いですが、甘い変化球は豪快にレフトスタンドに叩き込んで来ましたが、打撃にもまずまず見どころはありました。

という事で、1年生の時から騒がれて、その後は制球難からサイドスローにしたりと苦労を重ねてきたようですけど、事前に想像していたよりは遥かに良い投手だと思いました^^

まあ大学では欠点を矯正していければ(特に腰の落としは緩和すれば腰の横回転も緩和されるし、左肩に意識を持てば開きも緩和される)、別人のように進化するのは明らかですので、4年後にどのくらいの高みに登れるのか期待して見守りたいものです^^


情報提供:アマチュア野球通信

 この選手に関するニュース

 応援メッセージ

* 必須項目
blank

注目選手 ドラフト結果 プロ志望届 球速ランキング
2012 - - 2012
2013 - - 2013
2014 2012 2012 2014
2011 2011 2011 2011
2010 2010 2010 2010


 新着記事・コラム






スカウトコメント一覧