現在の登録選手:15551人 登録動画:2921本 
高校野球新聞ロゴ
 8月19日の新登録選手
清宮幸太郎(早稲田実)
橘内俊治(早稲田実)
堀川尚希(二松学舎大付)
伊東翼(東海大高輪台)
小玉佳吾(東海大菅生)
田中幹也(東海大菅生)
岡崎心(帝京)
田中悠我(帝京)
門脇誠(創価)
宮田蒼太(関東一)
宮本博文(修徳)
石橋康太(関東一)
米原大地(八王子)
早乙女大輝(八王子)
桜井周斗(日大三)

 都道府県版
 北北海道高校野球新聞
 南北海道高校野球新聞
 青森高校野球新聞
 岩手高校野球新聞
 宮城高校野球新聞
 秋田高校野球新聞
 山形高校野球新聞
 福島高校野球新聞
 東東京高校野球新聞
 西東京高校野球新聞
 神奈川高校野球新聞
 埼玉高校野球新聞
 千葉高校野球新聞
 茨城高校野球新聞
 栃木高校野球新聞
 群馬高校野球新聞
 山梨高校野球新聞
 新潟高校野球新聞
 長野高校野球新聞
 富山高校野球新聞
 石川高校野球新聞
 福井高校野球新聞
 愛知高校野球新聞
 岐阜高校野球新聞
 静岡高校野球新聞
 三重高校野球新聞
 大阪高校野球新聞
 兵庫高校野球新聞
 京都高校野球新聞
 滋賀高校野球新聞
 奈良高校野球新聞
 和歌山高校野球新聞
 鳥取高校野球新聞
 島根高校野球新聞
 岡山高校野球新聞
 広島高校野球新聞
 山口高校野球新聞
 徳島高校野球新聞
 香川高校野球新聞
 愛媛高校野球新聞
 高知高校野球新聞
 福岡高校野球新聞
 佐賀高校野球新聞
 長崎高校野球新聞
 熊本高校野球新聞
 大分高校野球新聞
 宮崎高校野球新聞
 鹿児島高校野球新聞
 沖縄高校野球新聞

柿澤貴裕(神村学園)


 選手プロフィール
地区: 鹿児島投打: /
高校: 神村学園身長: 178cm
学年2012体重: 80kg
守備: 投手 外野手プロ志望届提出最速140キロ超
短評: 最速148kmにスライダー・カーブ・チェンジアップを投げる。 11年の明治神宮大会・光星学院戦でもリリーフとして登板。FBは常時130-135キロ、一球だけ142キロを記録。打線でも4番に座り、スイングは相当速く打者としても非凡。


 動画
4本の動画が見つかりました。
柿澤貴裕(神村学園)の動画その1
柿澤貴裕(神村学園)の動画その2
柿澤貴裕(神村学園)の動画その3
柿澤貴裕(神村学園)の動画その4

 スカウトの評価
2年生の時も感想を書きましたが、伸びたのではないでしょうか?振りかぶって、勢いよく膝を内に引き上げて、ショート方向に伸ばして、軸足のクッションを利用して、インステップ気味に、テイクバックやや大きく、サイドとスリークウォーターの中間くらいから投げ込んでくる。左腕を下から上に使って、引き込みは早い。捻転差は維持しようとしているものの、着地は早い。

テイクバック大きめなので、着地が早いことも相まって上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきますし、肘から先を立てて使えるタイプです。フィニッシュでは、インステップによって腰が詰まって、首をかなり振って、グラブは後ろに流れてしまいます。この腕の位置で投げるのであれば、グラブの抱え込みは必須です。牽制を入れて、クイックもしてきます。

球種的には、MAX148㌔を計測したストレートと、110~120㌔台のツーシームと、100㌔台の小さめのカーブと、110㌔台の縦スラと、120㌔台のチェンジアップは確認。ストレートには迫力が出つつありましたし、変化球もいずれも一定レベル以上の代物だったと思います。コントロールも纏めては来ましたが、甘いのも散見されました。

で、味方の拙いプレーから、ノーアウト1・3塁になり、次の打者を敬遠したノーアウト満塁のピンチでデットボールで押し出しはしましたけど、自信満々に1点に凌いだ精神面はかなり進化したように思いましたね^^個人的には打者としては良く分からないのですが、打者としても評判のようですので、明治神宮の模様も合わせて簡単に感想を。

開いて、グリップを耳よりも上の高さにセットし、ヘッドを動かしながら、投手が腰を落とし始めた所で爪先を立てて、リリースポイントから軽く足を浮かせて踏み込むスタイル。グリップを下げるヒッチ打者で、内への移動も見られます。観戦日はインサイドのサンプルが無かったですが、明治神宮では厳しそうでした。

打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足での踏ん張りは足りないケースも多かったです。外のストレートはレフトに叩けます。落ちるボールには膝を使っては来ますが、拾えるほどでは無かったです。頭の高さは変わるので、ミスショットも出てしまいます。 鋭く振り切ってくるスイングは中々だと思いました。

と言うことで、野手としての将来性は正直分からなかったですが、投手としてはかなり成長しつつあると思いますので、夏までにどのくらい進化するかによってはひょっとして指名もあるかもしれません。期待したいものです。


甲子園でも投手として寸評してましたが、野手としてドラフト指名されたようで、今まで打者としては伝わってくるものが無かったのに?と思い予選を見てみましたが、初めて打者として『成程』と思えましたので、野手としての最終寸評を。

軽く開いて、グリップを顎の高さにセットし、ヘッドを動かしながら、投手が腰を落とし始めた後から膝を引き上げて回しこんで気持ちクローズに踏み込むスタイル。グリップを上げるタイプで、かなりの内への移動も見られます。

ただ、自身も上記の弊害を理解しているようで、インサイドを狙った場合にはグリップの内への移動を抑えて甘めのインサイドを豪快にライトスタンドへのHRを叩き込んで来ます。打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足での踏ん張りは足りないようです。

落ちるボールには膝は使っては来ますが拾えるほどでは無いのですが、見極めては来ます。甘いストレートは弾丸ライナーでライトスタンドへのHRを叩き込んで来ます。変則派の左腕のスライダーに2打席やられたのですが、3打席目には甘くなったのをきっちり捉えてきます。

頭の高さは変わるので、ミスショットも出てしまいます。振り切ってくるスイングは中々と言うか、まるで引退した金本を見ているようでしたね。足は速いですが、売りに出来るのかどうかは不明です。投手としてのバント処理は上手いので、内野手もありかも?外野手としては、守備範囲は分かりませんが、肩は勿論よいのですが、コントロールの精度は上げないと刺せないです。

★纏め

この選手のこんなスイングは今まで見たことが無いし、甲子園での打撃もインパクトに欠けたのですが、確かにあの2本のHRのスイングは金本を彷彿とさせますし、確かに初めてすげえと思いましたわ(高校生レベルを遥かに超えていた)^^

ただまあ、欠点もありますし旬の時期では無いですし、野手としてはまだまだでしょうから、時間は掛かるかもしれませんが、スカウトはあのスイングに惚れた訳でしょうし、死ぬ気で努力していけば活躍できるようになるかもしれません。金本2世として大活躍してほしいですね^^


情報提供:アマチュア野球通信

 この選手に関するニュース

 応援メッセージ

* 必須項目
blank

注目選手 ドラフト結果 プロ志望届 球速ランキング
2012 - - 2012
2013 - - 2013
2014 2012 2012 2014
2011 2011 2011 2011
2010 2010 2010 2010


 新着記事・コラム






スカウトコメント一覧