現在の登録選手:15551人 登録動画:2921本 
高校野球新聞ロゴ
 12月10日の新登録選手
清宮幸太郎(早稲田実)
橘内俊治(早稲田実)
堀川尚希(二松学舎大付)
伊東翼(東海大高輪台)
小玉佳吾(東海大菅生)
田中幹也(東海大菅生)
岡崎心(帝京)
田中悠我(帝京)
門脇誠(創価)
宮田蒼太(関東一)
宮本博文(修徳)
石橋康太(関東一)
米原大地(八王子)
早乙女大輝(八王子)
桜井周斗(日大三)

 都道府県版
 北北海道高校野球新聞
 南北海道高校野球新聞
 青森高校野球新聞
 岩手高校野球新聞
 宮城高校野球新聞
 秋田高校野球新聞
 山形高校野球新聞
 福島高校野球新聞
 東東京高校野球新聞
 西東京高校野球新聞
 神奈川高校野球新聞
 埼玉高校野球新聞
 千葉高校野球新聞
 茨城高校野球新聞
 栃木高校野球新聞
 群馬高校野球新聞
 山梨高校野球新聞
 新潟高校野球新聞
 長野高校野球新聞
 富山高校野球新聞
 石川高校野球新聞
 福井高校野球新聞
 愛知高校野球新聞
 岐阜高校野球新聞
 静岡高校野球新聞
 三重高校野球新聞
 大阪高校野球新聞
 兵庫高校野球新聞
 京都高校野球新聞
 滋賀高校野球新聞
 奈良高校野球新聞
 和歌山高校野球新聞
 鳥取高校野球新聞
 島根高校野球新聞
 岡山高校野球新聞
 広島高校野球新聞
 山口高校野球新聞
 徳島高校野球新聞
 香川高校野球新聞
 愛媛高校野球新聞
 高知高校野球新聞
 福岡高校野球新聞
 佐賀高校野球新聞
 長崎高校野球新聞
 熊本高校野球新聞
 大分高校野球新聞
 宮崎高校野球新聞
 鹿児島高校野球新聞
 沖縄高校野球新聞

艫居 春紀(千葉英和)


 選手プロフィール
地区: 千葉投打: /
高校: 千葉英和身長: 172cm
学年2012体重: 68kg
守備: 遊撃手 投手プロ志望届提出最速140キロ超
短評: センスありそうな投手兼遊撃手。秋季関東大会の対甲府西戦では最速137キロ、常時130中盤を投げる。昨夏からほぼ一人で投げる。


 動画
4本の動画が見つかりました。
艫居 春紀(千葉英和)の動画その1
艫居 春紀(千葉英和)の動画その2
艫居 春紀(千葉英和)の動画その3
艫居 春紀(千葉英和)の動画その4

 スカウトの評価
膝を骨折したようで、練習試合も登場せずに、殆どぶっつけ状態での出場だったようです。ノーワインドアップから、膝を内に引き上げて溜めて、ショート方向に足を伸ばして、軸足のクッションを利用して、スリークウォーターよりも下から投げ込んでくる。

左腕の使い方は悪くは無いものの、引き込みは早い。捻転差は維持しようとしているものの、着地は早い。テイクバック大きいので、着地が早いことも相まって上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使って来ますし、肘から先を立てて使えるタイプです。

フィニッシュでは、首を振って、グラブは後ろに大きく流れて、軸足を意識的に跳ね上げないようにして、体勢を崩すケースも見られました。この腕の位置で投げるのであれば、グラブの抱え込みは必須です。セットの時間を長くして、牽制を入れて、クイックもしてきます。

球種的には、MAX142㌔のストレートと、まずまず落差のあるカーブと、縦スラは確認。ストレートにはかなりノビがあり、コースに決まった際にはホレボレする代物です^^コントロールも纏めては来ましたが、甘いのも散見されました。

打者としては以下の通り。軽く開いて踵を踏み込みながら、グリップを耳の高さに体に近くセットし、バットを寝かせ気味に、ヘッドを動かしながら、投手が腰を落とした所からトンと爪先を付いてから軽く足を上げて回し込んで踏み込むスタイル。

グリップの頭の後ろから見える位置までの異常な内への移動が見られます。観戦日はインサイドのサンプルが無かったですが、厳しいのでは?と想像します。打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足での踏ん張りは足りないケースも見られました。

沈むボールには膝を使って右に打てますし、外のストレートはセンターに叩いてきます。外のスライダーには崩されやすいものの、脆さは感じませんでしたが、強引に引っ張りに掛かるのは如何なものか?

頭の高さは変わるので、ミスショットも出てしまいます。振り切ってくるスイングはまずまずだと思います。ショートの守備機会は無かったので不明ですし、足も投手なので本気の走りでは無かったですので売りに出来るのかどうかは不明です。

と言うことで、身長が高ければ文句なく投手として押したいですが、身長には残念ながら恵まれていないので、どっちの将来性が高いのかは難しいですし、本人が決めることと思います。まあ、どっちの資質も高いですけど、欠点も結構ありますので、冬の間に自分の欠点を理解して、正面からその欠点克服に取り組めれば、来年かなり騒がれるようになると思います。投打の両面で期待したいものです。


 2年生の時も感想を書きましたが、プロ志望届も出しましたので、春季大会で軽く見ていましたので感想など。開いて、グリップを耳よりも下の高さにセットし、ヘッドを動かしながら、投手が腰を落とし始めた後から下半身を始動してホーム方向に爪先をトンとついてから軽く足を浮かせて踏み込むスタイル。

グリップの内への移動が見られます。インサドには当然厳しいようです・・・・打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足での踏ん張りは足りないケースも見られました。外のストレートはライトに叩いてきましたが、相手投手がドラフト指名された好投手でしたので強い打球とはならなかったですね。

落ちるボールには膝は使っては来ましたが、拾えるほどでは無かったです。頭の高さは変わるので、ミスショットも出てしまいます。振り切ってくるスイングはまずまずです。

足は遅くは無いですが、売りに出来るのかどうかはサンプルが無く判断できず。守備の動きはまずまずで、スローイングも安定してはいるのですが、瞬時の状況判断が出来ないケースも見られたのは?

という事で、小柄ですので投手では無く大学でもショートとして行くのかな?と思いますが、期待した成長曲線には達していなかったのは残念ですが、自分の欠点を理解して矯正していければ化けれるかもしれません。

まあ志望届は出したものの、現状では即プロの実力には達していなかったので指名が無かったのは仕方がないと思います。4年後に期待したいものです。

 

 


情報提供:アマチュア野球通信

 この選手に関するニュース

 応援メッセージ

* 必須項目
blank

注目選手 ドラフト結果 プロ志望届 球速ランキング
2012 - - 2012
2013 - - 2013
2014 2012 2012 2014
2011 2011 2011 2011
2010 2010 2010 2010


 新着記事・コラム






スカウトコメント一覧