現在の登録選手:15551人 登録動画:2921本 
高校野球新聞ロゴ
 8月22日の新登録選手
清宮幸太郎(早稲田実)
橘内俊治(早稲田実)
堀川尚希(二松学舎大付)
伊東翼(東海大高輪台)
小玉佳吾(東海大菅生)
田中幹也(東海大菅生)
岡崎心(帝京)
田中悠我(帝京)
門脇誠(創価)
宮田蒼太(関東一)
宮本博文(修徳)
石橋康太(関東一)
米原大地(八王子)
早乙女大輝(八王子)
桜井周斗(日大三)

 都道府県版
 北北海道高校野球新聞
 南北海道高校野球新聞
 青森高校野球新聞
 岩手高校野球新聞
 宮城高校野球新聞
 秋田高校野球新聞
 山形高校野球新聞
 福島高校野球新聞
 東東京高校野球新聞
 西東京高校野球新聞
 神奈川高校野球新聞
 埼玉高校野球新聞
 千葉高校野球新聞
 茨城高校野球新聞
 栃木高校野球新聞
 群馬高校野球新聞
 山梨高校野球新聞
 新潟高校野球新聞
 長野高校野球新聞
 富山高校野球新聞
 石川高校野球新聞
 福井高校野球新聞
 愛知高校野球新聞
 岐阜高校野球新聞
 静岡高校野球新聞
 三重高校野球新聞
 大阪高校野球新聞
 兵庫高校野球新聞
 京都高校野球新聞
 滋賀高校野球新聞
 奈良高校野球新聞
 和歌山高校野球新聞
 鳥取高校野球新聞
 島根高校野球新聞
 岡山高校野球新聞
 広島高校野球新聞
 山口高校野球新聞
 徳島高校野球新聞
 香川高校野球新聞
 愛媛高校野球新聞
 高知高校野球新聞
 福岡高校野球新聞
 佐賀高校野球新聞
 長崎高校野球新聞
 熊本高校野球新聞
 大分高校野球新聞
 宮崎高校野球新聞
 鹿児島高校野球新聞
 沖縄高校野球新聞

福山 純平(東大阪大柏原)


 選手プロフィール
地区: 大阪投打: /
高校: 東大阪大柏原身長: 175cm
学年2012体重: 70kg
守備: 投手 プロ志望届提出最速140キロ超
短評:

140キロの速球を投げ込む。MAX144キロ。遊撃を兼任し3番を打つ福山に対し、中日・中田スカウト部長は「打撃がいいし、センスがある」。スクイズを2度阻止するなどフィールディングもうまく、阪神・畑山スカウトは「守備力も高い」と評価するなど、どちらかというと野手として評価されている模様。



 動画
3本の動画が見つかりました。
福山 純平(東大阪大柏原)の動画その1
福山 純平(東大阪大柏原)の動画その2
福山 純平(東大阪大柏原)の動画その3

 スカウトの評価

ノーワインドアップから、膝を内に引き上げて、止まり加減に溜めて、ショート方向を小さく蹴るようにして、腰を落として、インステップ気味に、スリークウォーターから投げ込んでくる。左腕の使い方は悪くは無いものの、引き込みは早い。捻転差は維持しようとしているものの、着地は早い。

テイクバック大きくないものの、着地が早いので上体も必要以上に遅れて、顎も上がって開いてしまうものの、肘は鋭角に使って来ます。フィニッシュでは、インステップによって腰が詰まって、首を振って、グラブは後ろに流れて、意識的に軸足を跳ね上げないようにしています。

セットの時間を長くして、牽制も入れて、クイックもしてきます。

中学時代は内野手だったようですが、フィールディングも上手です。

球種的には、MAX144㌔を計測したストレートと、110~120㌔台の縦スラと、110㌔台のチェンジアップと、120㌔台のスプリットと、100㌔台の小さなカーブは確認。ストレートのキレは良かったですし、縦スラ以外は中々良かったですが、縦スラは本人自信があるのだとは思いますが、上のレベルに行くにはもっと球速を上げて曲がりを更に鋭くしたいものです。

コントロールも纏めては来ましたが、甘いのも多かったです。

と言うことで、肉体的なキャパにはそれ程恵まれていないのは残念ですが、確かに資質的には高いのは確認しましたので、冬の間に更に進化できれば、もっと良い投手に化けれるのではないでしょうか?

来年の更なる進化に期待したいものです。


今年の模様は見れませんでしたが、プロ志望届を出しましたので、投手としては昨年感想を書きましたが、打者としては何も書いていませんでしたので、昨年の模様から感想など。

気持ち開いて、グリップを顎の高さにセットし、ヘッドを動かしながら、投手が腰を落とした所から膝を引き上げて回しこんでアウトステップして踏み込むスタイル。グリップを下げるヒッチ打者で、内への移動も見られます。観戦日はインサイドのサンプルが無かったので、肘を畳んで捌けるのかどうかは不明です。

打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足では踏ん張って、軸足を後ろに引くタイプです。外のストレートは、右中間に長打を放ってきます。当初は縦スラにはどうかな?と思ったのですが、膝を使ってリストワーク良くセンターへ拾ってきます。

頭の高さは変わるので、ミスショットも出てしまいます。シャープに振り切ってくるスイングは、リストが強いですし、まずまずの代物だったと思います。足は速いですし、隙をついた好走塁もしてきます。バント処理の動きも良かったですので、内野手が出来ると思います。

で、投手としては、今年斜め横からの動画は見れましたけど、ちょっとフォーム分析はしずらい角度だったのではありますが、下半身をかなり鍛えこんだのは画面からも伝わってきましたし、球持ちが昨年よりも良くなったようで、スピード的にも球威的にも増したと思いますし、縦スラも格段に鋭く落ちるようになったのは確認できました。

★まとめ

という事で、速攻でプロ志望届を出したので、どっかの球団が育成枠で指名するのかな?と思っていましたが漏れてしまいましたね。まあ大学に行くのでしょうが、本人投手としてと希望しているようなので、当初は投手としてやって、伸び悩んだ場合にショートにコンバートとなるのでしょう。

まあ投手としては身長に恵まれていませんので、短いイニングとなるのでしょうが、センスは良いですので将来的に可能性は無い訳では無いとは思いますし、打撃も想像以上に良かったですので、インサイドを打てるように矯正できれば将来的に可能性はあるかもしれません。

大学での進化に期待したいものです。


情報提供:アマチュア野球通信

 この選手に関するニュース

 応援メッセージ

* 必須項目
blank

注目選手 ドラフト結果 プロ志望届 球速ランキング
2012 - - 2012
2013 - - 2013
2014 2012 2012 2014
2011 2011 2011 2011
2010 2010 2010 2010


 新着記事・コラム






スカウトコメント一覧