現在の登録選手:15551人 登録動画:2921本 
高校野球新聞ロゴ
 9月15日の新登録選手
清宮幸太郎(早稲田実)
橘内俊治(早稲田実)
堀川尚希(二松学舎大付)
伊東翼(東海大高輪台)
小玉佳吾(東海大菅生)
田中幹也(東海大菅生)
岡崎心(帝京)
田中悠我(帝京)
門脇誠(創価)
宮田蒼太(関東一)
宮本博文(修徳)
石橋康太(関東一)
米原大地(八王子)
早乙女大輝(八王子)
桜井周斗(日大三)

 都道府県版
 北北海道高校野球新聞
 南北海道高校野球新聞
 青森高校野球新聞
 岩手高校野球新聞
 宮城高校野球新聞
 秋田高校野球新聞
 山形高校野球新聞
 福島高校野球新聞
 東東京高校野球新聞
 西東京高校野球新聞
 神奈川高校野球新聞
 埼玉高校野球新聞
 千葉高校野球新聞
 茨城高校野球新聞
 栃木高校野球新聞
 群馬高校野球新聞
 山梨高校野球新聞
 新潟高校野球新聞
 長野高校野球新聞
 富山高校野球新聞
 石川高校野球新聞
 福井高校野球新聞
 愛知高校野球新聞
 岐阜高校野球新聞
 静岡高校野球新聞
 三重高校野球新聞
 大阪高校野球新聞
 兵庫高校野球新聞
 京都高校野球新聞
 滋賀高校野球新聞
 奈良高校野球新聞
 和歌山高校野球新聞
 鳥取高校野球新聞
 島根高校野球新聞
 岡山高校野球新聞
 広島高校野球新聞
 山口高校野球新聞
 徳島高校野球新聞
 香川高校野球新聞
 愛媛高校野球新聞
 高知高校野球新聞
 福岡高校野球新聞
 佐賀高校野球新聞
 長崎高校野球新聞
 熊本高校野球新聞
 大分高校野球新聞
 宮崎高校野球新聞
 鹿児島高校野球新聞
 沖縄高校野球新聞

秋元秀明(三浦学苑)


 選手プロフィール
地区: 神奈川投打: /
高校: 三浦学苑身長: 186cm
学年2012体重: 80kg
守備: 遊撃手 投手最速140キロ超
短評: 50メートル6.7。ボーイズ時代は大型遊撃手として注目を集める。最後の夏の神奈川大会では1回戦の寒川戦で1四球を与えただけで3奪三振のノーヒットノーラン(準完全試合)を達成し注目を集めた。 打者としても高校通算20本塁打を放つなど、投打に力のある選手。


 動画
1本の動画が見つかりました。
秋元秀明(三浦学苑)の動画その1

 スカウトの評価

軽く開いて、グリップを耳の高さにセットし、バットを寝かせ気味にヘッドを上下させ、投手が腰を落とした所から軽く足を浮かせて一旦踏み出して爪先を立てて、リリースポイントの後から軽く浮かせて踏み込むスタイル。体重移動がまどろっこしいのは将来的に伸びなくなるので改善したいものです。グリップを下げるヒッチ打者ですが、内への移動は無いタイプです。

観戦日はインサイドのサンプルは無かったものの、捌けそうな感じはしました。打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足では踏ん張れます。左腕の好投手が相手でしたが、全く苦にしなかったですし、変化球も甘いと確実に捉えてきます。頭の高さは変わるので、ミスショットも出てしまいます。球を引き付けて、振り切ってくるスイングは中々の迫力でした^^

足は遅くは無いですが、売りに出来るのかどうかは不明です。守備はイージーなものしか無く、肩とともに良くわからなかったですが、ライトを守っていましたので、一定以上の肩はあるのだと思います。と言うことで、体重移動をシンプルにして、冬の間に更に技術を高めて行き、打撃以外にも絶対的なものを作れれば、来年雑誌に名前が載るのではないでしょうか?全くの無名の選手ですが、来年の進化に期待を持ってみたいものです。


雑誌にデカデカと出ていましたし、かなり気になっていましたが、初めて見た感想は以下の通り。振りかぶって、膝を内に引き上げて、ショート方向に足を伸ばして、軸足のクッションを利用して、インステップして、テイクバック大きく、スリークウォーターよりも少し下から投げ込んでくる。

左腕を下から上に使って、引き込みは早い。捻転差は維持しようとしているものの、着地は早い。テイクバック大きいので、着地が早いことも相まって上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきますし、肘から先を立てて使えるタイプです。

フィニッシュでは、インステップによって腰が詰まって、首を振って、グラブは大きく後ろに流れて、体勢を崩してしまいます。この腕の位置で投げるのであれば、グラブの抱え込みは必須です。牽制を入れて、クイックもしてきます。

球種的には、MAX140㌔弱くらいのストレートと、縦スラと、カーブは確認。ストレートには威力がありましたし、カーブには落差もあって緩急もついています。コントロールも纏めては来ましたが、甘いのも散見されました。

打者としては、開いて、グリップを耳よりも下の高さに体に近くセットし、ヘッドを動かしながら、投手が腰を落とした所から下半身を始動してホーム方向に爪先をトンとついてから、軽く足を上げてクローズに踏み込むスタイル。グリップのかなりの内への移動が見られます。上記欠点とクローズの踏み込みにもかかわらず、インサイドはファールにはなったものの引っ張りきってかなり鋭い打球を放ってくるのは驚きました。

打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足での踏ん張りは足りないケースも見られました。落ちるボールには、膝を使ってファールでは粘ってきます。頭の高さは変わるので、ミスショットも出てしまいます。振り切ってくるスイングは中々でしたね。

という事で、投手としても打者としても欠点は結構あるのですが魅力的な選手でしたので、大学でどっちに専念するのかを早期に決めて欠点を矯正していければ、投手としてでも打者としてでもかなり面白い選手が誕生するのではないでしょうか?4年後に期待したいものです。

 


情報提供:アマチュア野球通信

 この選手に関するニュース

 応援メッセージ

* 必須項目
blank

注目選手 ドラフト結果 プロ志望届 球速ランキング
2012 - - 2012
2013 - - 2013
2014 2012 2012 2014
2011 2011 2011 2011
2010 2010 2010 2010


 新着記事・コラム






スカウトコメント一覧