現在の登録選手:15551人 登録動画:2921本 
高校野球新聞ロゴ
 6月07日の新登録選手
清宮幸太郎(早稲田実)
橘内俊治(早稲田実)
堀川尚希(二松学舎大付)
伊東翼(東海大高輪台)
小玉佳吾(東海大菅生)
田中幹也(東海大菅生)
岡崎心(帝京)
田中悠我(帝京)
門脇誠(創価)
宮田蒼太(関東一)
宮本博文(修徳)
石橋康太(関東一)
米原大地(八王子)
早乙女大輝(八王子)
桜井周斗(日大三)

 都道府県版
 北北海道高校野球新聞
 南北海道高校野球新聞
 青森高校野球新聞
 岩手高校野球新聞
 宮城高校野球新聞
 秋田高校野球新聞
 山形高校野球新聞
 福島高校野球新聞
 東東京高校野球新聞
 西東京高校野球新聞
 神奈川高校野球新聞
 埼玉高校野球新聞
 千葉高校野球新聞
 茨城高校野球新聞
 栃木高校野球新聞
 群馬高校野球新聞
 山梨高校野球新聞
 新潟高校野球新聞
 長野高校野球新聞
 富山高校野球新聞
 石川高校野球新聞
 福井高校野球新聞
 愛知高校野球新聞
 岐阜高校野球新聞
 静岡高校野球新聞
 三重高校野球新聞
 大阪高校野球新聞
 兵庫高校野球新聞
 京都高校野球新聞
 滋賀高校野球新聞
 奈良高校野球新聞
 和歌山高校野球新聞
 鳥取高校野球新聞
 島根高校野球新聞
 岡山高校野球新聞
 広島高校野球新聞
 山口高校野球新聞
 徳島高校野球新聞
 香川高校野球新聞
 愛媛高校野球新聞
 高知高校野球新聞
 福岡高校野球新聞
 佐賀高校野球新聞
 長崎高校野球新聞
 熊本高校野球新聞
 大分高校野球新聞
 宮崎高校野球新聞
 鹿児島高校野球新聞
 沖縄高校野球新聞

堀田晃(松山商)


 選手プロフィール
地区: 愛媛投打: /
高校: 松山商身長: 180cm
学年2012体重: 82kg
守備: 投手 遊撃手最速140キロ超
短評: 最速138キロ、カーブ、縦横のスライダー、カッターにシュート(2シーム)。


 動画
この選手の動画はありません。

 スカウトの評価
1年生の時に野手として感想を書きましたが、昨夏は投手としても成長が伺えましたし投手としての感想を。ノーワインドアップから、膝を内に引き上げて、ショート方向に足を向けて、軸足のクッションを利用して、スリークウォーターよりも少し下から投げ込んでくる。左腕を下から上に使って、引き込みは早い。

捻転差は維持しようとしているものの、着地は早い。テイクバック大きくないものの、着地が早いので上体も必要以上に遅れて顎も上がって開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきますし、まあまあ立てて使えるタイプです。フィニッシュでは、首を振って、グラブは後ろに流れてしまいます。この腕の位置で投げるのであれば、グラブの抱え込みは必須です。

牽制を入れて、クイックもしてきます。球種的には、MAX135㌔ちょっとくらいのストレートと、縦スラと、カットボールは確認。いずれも右足の骨折明けの割にはまずまずの代物だったと思います。コントロールも纏めては来ましたが、甘いのも散見されました。

本来打撃の良さから野手としてと思っていましたが、昨夏は打撃は良くなかったですし、投手としては2012年度の愛媛四天王の一人でしょうし、まあ今後投打の両面に注目ですね^^まあ夏までの進化の度合いでは真のドラフト候補と呼ばれるだけのものを持っていますので、夏に更なる進化を遂げた姿に再び出会いたいものです。


下級生時代も感想を書いていましたが、昨年も見れましたので感想など。略スクエアに構えて、グリップを耳の高さにセットし、ヘッドを動かしながら、投手が腰を落とし始めた後から膝を引き上げて回しこんで踏み込むスタイル。グリップの内への移動が見られます。インサイドには厳しいようです。

打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足での踏ん張りは足りないケースも見られました。縦スラには膝を使って強い打球を放ってきます^^頭の高さは変わるので、ミスショットも多いです。振り切ってくるスイングはまずまずです。ショートの守備範囲は広く、肩も良いです。足も遅くないですが、売りに出来るのかどうかは不明です。

投手としては、ノーワインドアップから、膝を内に引き上げて、左足を伸ばさずに、軸足のクッションを利用して、インステップ気味に、スリークウォーターよりも下から投げ込んでくる。左腕を下から上に使って、引き込みは早い。捻転差は維持しようとしているものの、着地は早い。

テイクバック大きくないものの、肘が必要以上に背中側に入ってしまい、着地が早いことも相まって上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使って、肘から先を立てて使えますが、もう少し肘を前に出したいものです。フィニッシュでは、インステップによって腰が詰まり気味に、首を振って、グラブは後ろに流れて、大きく体勢を崩すケースも見られました。

この腕の位置で投げるのであれば、グラブの抱え込みは必須です。牽制を入れて、クイックもしてきます。球種的には、MAX140㌔弱くらいのストレートと、縦スラと、カーブは確認。ストレートには威力がありましたし、変化球もまずまずの代物だったと思います。コントロールも纏めては来ましたが、甘いのも散見されました。

という事で、投打ともに下級生時代よりも伸びてはいましたが、期待した成長曲線には達しなかったのは残念ですが、投打のどっちが上なのかは良い意味で判断がつかなかったですので、早期にどっちにするのかを決めて、大学で欠点を矯正していければ面白い選手が誕生すると思います。4年後に期待したいものです。

 


情報提供:アマチュア野球通信

 この選手に関するニュース

 応援メッセージ

* 必須項目
blank

注目選手 ドラフト結果 プロ志望届 球速ランキング
2012 - - 2012
2013 - - 2013
2014 2012 2012 2014
2011 2011 2011 2011
2010 2010 2010 2010


 新着記事・コラム






スカウトコメント一覧