現在の登録選手:15551人 登録動画:2921本 
高校野球新聞ロゴ
 9月15日の新登録選手
清宮幸太郎(早稲田実)
橘内俊治(早稲田実)
堀川尚希(二松学舎大付)
伊東翼(東海大高輪台)
小玉佳吾(東海大菅生)
田中幹也(東海大菅生)
岡崎心(帝京)
田中悠我(帝京)
門脇誠(創価)
宮田蒼太(関東一)
宮本博文(修徳)
石橋康太(関東一)
米原大地(八王子)
早乙女大輝(八王子)
桜井周斗(日大三)

 都道府県版
 北北海道高校野球新聞
 南北海道高校野球新聞
 青森高校野球新聞
 岩手高校野球新聞
 宮城高校野球新聞
 秋田高校野球新聞
 山形高校野球新聞
 福島高校野球新聞
 東東京高校野球新聞
 西東京高校野球新聞
 神奈川高校野球新聞
 埼玉高校野球新聞
 千葉高校野球新聞
 茨城高校野球新聞
 栃木高校野球新聞
 群馬高校野球新聞
 山梨高校野球新聞
 新潟高校野球新聞
 長野高校野球新聞
 富山高校野球新聞
 石川高校野球新聞
 福井高校野球新聞
 愛知高校野球新聞
 岐阜高校野球新聞
 静岡高校野球新聞
 三重高校野球新聞
 大阪高校野球新聞
 兵庫高校野球新聞
 京都高校野球新聞
 滋賀高校野球新聞
 奈良高校野球新聞
 和歌山高校野球新聞
 鳥取高校野球新聞
 島根高校野球新聞
 岡山高校野球新聞
 広島高校野球新聞
 山口高校野球新聞
 徳島高校野球新聞
 香川高校野球新聞
 愛媛高校野球新聞
 高知高校野球新聞
 福岡高校野球新聞
 佐賀高校野球新聞
 長崎高校野球新聞
 熊本高校野球新聞
 大分高校野球新聞
 宮崎高校野球新聞
 鹿児島高校野球新聞
 沖縄高校野球新聞

小野 耀平(智辯学園)


 選手プロフィール
地区: 奈良投打: /
高校: 智辯学園身長: 178cm
学年2012体重: 75kg
守備: 投手 外野手最速140キロ超
短評: 夏の甲子園で作新学院戦に先発も3回5失点(3自責点)と打ち込まれ先発の役割を果たせなかった。バネがある投げ方で体の使い方、ひじの使い方は上手い。経験を積んで力強さが増してくれば面白い。MAX143km


 動画
4本の動画が見つかりました。
小野 耀平(智辯学園)の動画その1
小野 耀平(智辯学園)の動画その2
小野 耀平(智辯学園)の動画その3
小野 耀平(智辯学園)の動画その4

 スカウトの評価

ノーワインドアップから、ゆったり膝を内に引き上げて、軽く軸足に絡めて、セカンドベースとショートの中間方向を小さく蹴って、軸足のクッションを利用して、インステップして、スリークウォーターよりも下から投げ込んでくる。左腕を下から上に使って、引き込みは早い。捻転差は維持しようとしており、着地も遅らせようとするものの、やや早い。

テイクバック大きくないものの、着地が早いので上体も必要以上に遅れて、顎も上がって開いてしまうものの、肘は鋭角に使って来ますし、肘から先がまずまず立って使えるタイプです。フィニッシュでは、インステップによって腰が詰まって、膝を突っ張って、首を振って、グラブを後ろに引くタイプです。この腕の位置で投げるのであれば、グラブの抱え込みは必須です。

牽制を入れて、クイックもしてきます。

球種的には、MAX141㌔を計測したストレートと、110~120㌔台の縦と横のスライダーと、110㌔台のカーブと、120~130㌔台のフォークは確認。いずれもまずまずの代物ですが絶対的なものではないです。

コントロールも纏めては来ますが、勝負球が甘いケースが多く、春からこの辺りは変わっていませんでしたが、打たれだすと力んで投げ急いでしまい、相手にかなり連打されてしまいますね。

と言うことで、資質的には面白いものを持っていますので、欠点を矯正して、エースの青山と切磋琢磨していくと、来年の夏に化けれると思います。

期待したい投手です


気持ち開いて、グリップを顎よりも下の高さにセットし、ヘッドを動かしながら、投手が腰を落としたところから膝を引き上げて回しこんでクローズに踏み込むスタイル。グリップを上げるタイプですが、内への移動は許容範囲内です。

観戦日はインサイドのサンプルが無かったので、肘を畳んで捌けるのかどうかは不明です。打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足では踏ん張れないケースも見られました。

外のストレートはライトに叩けます。甘いストレートは、打った瞬間のレフトスタンドへのHRでしたが、中々の長打力は秘めてきます。縦スラに関しては、昨秋は甘いと右に左に打ち分けていましたが、センバツでは見極めができていなかったですね。

頭の高さはあまり変わらないのですが、力んでミスショットは多かったですね・・・・豪快に振り切ってくるスイングは中々です。

足は良くわからなかったです。

守備範囲はまずまず広いようですが、肩は速球投手ですので地肩は良いと思いますが、刺せる肩なのかどうかはサンプルが無く不明でした。

と言うことで、個人的には投手としての将来性の方が高いと思いますが、打撃も欠点を矯正できれば面白いものは持ってはいますので、投打ともに夏までの進化に期待したいものです


情報提供:アマチュア野球通信

 この選手に関するニュース

 応援メッセージ

* 必須項目
blank

注目選手 ドラフト結果 プロ志望届 球速ランキング
2012 - - 2012
2013 - - 2013
2014 2012 2012 2014
2011 2011 2011 2011
2010 2010 2010 2010


 新着記事・コラム






スカウトコメント一覧