現在の登録選手:15551人 登録動画:2921本 
高校野球新聞ロゴ
 3月26日の新登録選手
清宮幸太郎(早稲田実)
橘内俊治(早稲田実)
堀川尚希(二松学舎大付)
伊東翼(東海大高輪台)
小玉佳吾(東海大菅生)
田中幹也(東海大菅生)
岡崎心(帝京)
田中悠我(帝京)
門脇誠(創価)
宮田蒼太(関東一)
宮本博文(修徳)
石橋康太(関東一)
米原大地(八王子)
早乙女大輝(八王子)
桜井周斗(日大三)

 都道府県版
 北北海道高校野球新聞
 南北海道高校野球新聞
 青森高校野球新聞
 岩手高校野球新聞
 宮城高校野球新聞
 秋田高校野球新聞
 山形高校野球新聞
 福島高校野球新聞
 東東京高校野球新聞
 西東京高校野球新聞
 神奈川高校野球新聞
 埼玉高校野球新聞
 千葉高校野球新聞
 茨城高校野球新聞
 栃木高校野球新聞
 群馬高校野球新聞
 山梨高校野球新聞
 新潟高校野球新聞
 長野高校野球新聞
 富山高校野球新聞
 石川高校野球新聞
 福井高校野球新聞
 愛知高校野球新聞
 岐阜高校野球新聞
 静岡高校野球新聞
 三重高校野球新聞
 大阪高校野球新聞
 兵庫高校野球新聞
 京都高校野球新聞
 滋賀高校野球新聞
 奈良高校野球新聞
 和歌山高校野球新聞
 鳥取高校野球新聞
 島根高校野球新聞
 岡山高校野球新聞
 広島高校野球新聞
 山口高校野球新聞
 徳島高校野球新聞
 香川高校野球新聞
 愛媛高校野球新聞
 高知高校野球新聞
 福岡高校野球新聞
 佐賀高校野球新聞
 長崎高校野球新聞
 熊本高校野球新聞
 大分高校野球新聞
 宮崎高校野球新聞
 鹿児島高校野球新聞
 沖縄高校野球新聞

高橋 大樹(龍谷大平安)


 選手プロフィール
地区: 京都投打: /
高校: 龍谷大平安身長: 180cm
学年2012体重: 75kg
守備: 捕手 外野手プロ志望届提出
短評:

50m6秒0と俊足で、長打も期待できる。高校通算37本塁打のスラッガー。ホークス時代の城島を思い出させるような豪快なスイングとフォロース ルー。 11年夏の甲子園に2年生ながら4番ライトで出場。3年春の京都府大会にはプロ10球団が視察するなど、ドラフト候補として名前が挙がっている。



 動画
5本の動画が見つかりました。
高橋 大樹(龍谷大平安)の動画その1
高橋 大樹(龍谷大平安)の動画その2
高橋 大樹(龍谷大平安)の動画その3
高橋 大樹(龍谷大平安)の動画その4
高橋 大樹(龍谷大平安)の動画その5

 スカウトの評価

甲子園でも見ていましたが、守備の部分を確認したかったので後回しにしたのですが、初めて見た感想は以下の通り。気持ち開いて、グリップを耳の高さに体にかなり近くセットし、ヘッドを動かしながら、投手が膝を引き上げるのに連動して、自身も膝を引き上げて、上体もかなり捻って、回し込んでクローズに踏み込むスタイル。

グリップの頭の後ろから見える位置までの異常な移動が見られ、ヘッドを投手方向に倒しても?きちんとしたインサイドのサンプルは無かったものの、肩関節の可動域はかなり広そうなので、もしかしたら確率は高くは無いものの、捌けるケースもあるのかもしれません。

打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝が割れるケースも見られ、踏み込んだ足では踏ん張れないケースが多かったです。落ちる系統のボールは 膝をまずまず使って、振り切って飛ばして来ます。外の縦スラの見極めが出来ないケースもありましたが、外の低めの縦スラを膝と股関節を柔軟に使って、巻き 込んで捉えてくるのは中々です^^真ん中の失投は、ピンポン球のようにレフト中段に叩きこんできます^^

頭の高さは変わるので、ミスショットも出てしまいます。全身を捻ってからの反動で振り切ってくるスイングは確かに物凄いのですが、踏み込んだ足で踏ん張れ なく、膝も割れてしまってはどうなのか?甲子園では全部引っ張り込んできましたが、予選では我慢してセンターに粘り強くヒットを打ってきたケースもありま したので、荒っぽいだけの選手では無いようです。

足は速い方で、盗塁も決めてきますし、凡打でも一生懸命に走ってセーフにしてくる姿勢は好感です^^外野の守備はサンプルが殆どなかったので、良くわから ず。で、捕手として興味があったのですが、キャッチングは悪くないですが、ミットを動かしながらの捕球スタイルは?

ランナーがいない際には、左ひざを付いて、右足を一塁側に大きく伸ばして低めに投げさせようとするのが特徴的でしたが、西武の銀仁朗の高校時代に似ています。ランナーがいないと膝を付かないのは好感です。肩はサンプルが無く不明です。

で、ピンチの場面で、相手の雰囲気の変化を察知しようとかの姿勢は見られなかったですね。と言うことで、欠点は多いですけど、確かに魅力的な選手だとは思 います。今後は、もう少し欠点を矯正しつつ、もっともっと勝負を避けられる場面が増えてくると予想されますので、如何に我慢できるか?も来年進化できるか どうかの分岐点のように思います。まあ確かに魅力的な選手ではありますが、是非技術的にも進化して、来年真のドラフト候補になって欲しいですね。


下級生時代から何度も見てきましたが、最終寸評は以下の通り。

軽く開いて、グリップを耳よりも上の高さに体に近くセットし、ヘッドを動かしながら、投手が腰を落とし始めた後から膝を引き上げて(上半身も下半身も捻るのが特徴)、回しこんで踏み込むスタイル。反動で飛ばそうとしているのでしょうが、体の過度の捻りはどうなんでしょうね?グリップの内への異常な移動が見られます。

インサイドは、左腕の軟投派の甘い変化球なら引っ張りきれますが、一定以上のストレートにはかなり詰まります。打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早く、膝も開くケースが多く、踏み込んだ足での踏ん張りは足りないです。

外のストレートはライトに叩いてきます。左腕の縦の変化球は、膝を使ってライトに叩けますし、右投手の外の難しい低めの縦スラも股関節を上手く使ってセンターにヒットを放ってきます。ただし、右の一流投手の縦スラやフォークは膝は使っては来ますが拾えるほどでは無いです。頭の高さは変わるので、ミスショットも出てしまいます。振り切ってくるスイングには怖さを感じさせますし、腕をある程度柔らかく使える部分も好感です(関節の可動域も広そうではあります)。

守備範囲もまずまず広いですし、肩も手術明けの割にはまずまずではあったと思います。足に関しては速く、1塁にいた際に、レフト線の2塁打の際に一気にホームまで帰ってきますし、隙をついた好走塁もしてきます^^また、左腕投手からヘッドスライディングで2盗を決めた直後に3盗も決めてきます^^

★まとめ

足に関してはプロでも売りに出来るようになると思いますし、守備と肩に関しても今後更に伸びる余地はあります。更に元は捕手でしたので、延長でチームの緊急的な際には捕手として1イニングくらいなら凌げると思いますので、この辺りも売りだと思います。

打撃に関しては、資質的にはかなりのものを持っていますが、フォームに悪癖も多いので、今のままではプロの一軍の投手を打てないですので、メスを入れなければならないわけで、かなり時間が掛かると思います。

但し、この選手に幸運なのは、広島に籤で当たったことでしょうね。こいつは必ずチームの中心打者として育てると決めた選手に関しては、時間が掛かろうが必ず育てきる球団ですので。

ただ、育つかどうかは、広島の日本一の厳しいシゴキに耐えることが出来るかどうか(且つ自身で上手くなろうと努力する姿勢も)ですので、生半可な気持ちでは大成できないかもしれませんけど、中学時代にはここまで伸びるとは思えなかった選手のようですので、この辺りは光が見えているのでは?

という事で、広島と西武以外の球団だったら育てられないほどの悪癖のある打撃フォームですけど、まあ何度も見た選手ですし、資質的にはかなり高いですので、何とか堂林とともに広島の中軸を打てる打者に育ってほしいと願っております。


情報提供:アマチュア野球通信

 この選手に関するニュース

 応援メッセージ

* 必須項目
blank

注目選手 ドラフト結果 プロ志望届 球速ランキング
2012 - - 2012
2013 - - 2013
2014 2012 2012 2014
2011 2011 2011 2011
2010 2010 2010 2010


 新着記事・コラム






スカウトコメント一覧