現在の登録選手:15551人 登録動画:2921本 
高校野球新聞ロゴ
 4月15日の新登録選手
清宮幸太郎(早稲田実)
橘内俊治(早稲田実)
堀川尚希(二松学舎大付)
伊東翼(東海大高輪台)
小玉佳吾(東海大菅生)
田中幹也(東海大菅生)
岡崎心(帝京)
田中悠我(帝京)
門脇誠(創価)
宮田蒼太(関東一)
宮本博文(修徳)
石橋康太(関東一)
米原大地(八王子)
早乙女大輝(八王子)
桜井周斗(日大三)

 都道府県版
 北北海道高校野球新聞
 南北海道高校野球新聞
 青森高校野球新聞
 岩手高校野球新聞
 宮城高校野球新聞
 秋田高校野球新聞
 山形高校野球新聞
 福島高校野球新聞
 東東京高校野球新聞
 西東京高校野球新聞
 神奈川高校野球新聞
 埼玉高校野球新聞
 千葉高校野球新聞
 茨城高校野球新聞
 栃木高校野球新聞
 群馬高校野球新聞
 山梨高校野球新聞
 新潟高校野球新聞
 長野高校野球新聞
 富山高校野球新聞
 石川高校野球新聞
 福井高校野球新聞
 愛知高校野球新聞
 岐阜高校野球新聞
 静岡高校野球新聞
 三重高校野球新聞
 大阪高校野球新聞
 兵庫高校野球新聞
 京都高校野球新聞
 滋賀高校野球新聞
 奈良高校野球新聞
 和歌山高校野球新聞
 鳥取高校野球新聞
 島根高校野球新聞
 岡山高校野球新聞
 広島高校野球新聞
 山口高校野球新聞
 徳島高校野球新聞
 香川高校野球新聞
 愛媛高校野球新聞
 高知高校野球新聞
 福岡高校野球新聞
 佐賀高校野球新聞
 長崎高校野球新聞
 熊本高校野球新聞
 大分高校野球新聞
 宮崎高校野球新聞
 鹿児島高校野球新聞
 沖縄高校野球新聞

東浜巨(沖縄尚学)


 選手プロフィール
地区: 沖縄投打: /
高校: 沖縄尚学身長: 181cm
学年2008体重: 73kg
守備: 投手 最速140キロ超
短評: 選抜優勝投手。亜大に進学し、2012年ドラフトでは1位候補。


 動画
3本の動画が見つかりました。
東浜巨(沖縄尚学)の動画その1
東浜巨(沖縄尚学)の動画その2
東浜巨(沖縄尚学)の動画その3

 スカウトの評価
まあ高校時代から何度も見てきましたが、昨秋の状況は以下の通り。下半身はまだ細いですが、高校時代と比べて徐々に鍛えこんではいるようです。ランナー無しでもセットから、膝を内に引き上げて溜めて、ショート方向を蹴るように足を伸ばして、腰を大きく落として、インステップ気味に、スリークウォーターよりも下から投げ込んでくる。

左腕を下から上に使って、引き込みは早い。捻転差は維持しようとしているものの、着地は早い。テイクバック大きくないものの、着地が早いので上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使って、肘から先を立てて使えるタイプです。フィニッシュでは、インステップによって腰がやや詰まって、膝が割れて、首を振って、グラブの抱え込みは甘い。

この腕の位置で投げるのであれば、グラブの抱え込みは必須です。しつこく牽制を入れて、クイックもしてきますが、クイックは中々です。球種的には、MAX140㌔台後半のストレートと、縦スラと、斜めに切れ込むスライダーと、カットボールと、ツーシームと、シンカーは確認。

ストレートの球威は出てきましたし、変化球もまずまずの代物だったと思います。コントロールに関しては、立ち上がりはいつも良くないようで、これを何とか乗り越えれば完封するのですが、ズルズルいってしまう試合も多いようです。ただ、ピンチの際の間の取り方はアマでは出色ですし、ピンチになればコントロールの精度も上がるようです。

性格的には、かなりの完璧主義者のようで、投げ込みの量もかなり多く、自分自身を追い込んだ練習をする選手のようです。と言う事で、まあ個人的には高卒プロの方が良かったと今でも思っていますが、取り敢えず昨秋に故障した肩の状態が良く、春季リーグでの内容によって真のドラフト1位候補となると思います。期待したいものです。


高校時代から何度も見てきましたが、ドラフト指名されましたので最終寸評を。ランナー無しでもセットから、膝をゆったり内に引き上げて溜めて、ショート方向に足を伸ばして、上体が3塁側に傾いて、腰を大きく落として、スリークウォーターくらいから投げ込んでくる。秋には腕の位置を少し上げたように思います。左腕を下から上に使って、左肩には意識はあるものの、引き込みはやや早い。

捻転差は維持しようとしており、着地も遅らせようとしてきますが、やや早い。テイクバック大きくないものの、着地が早いので上体も必要以上に遅れて開いてしまうものの、肘は鋭角に使ってきますし、肘から先を立てて使えるタイプです。球持ちは良いと思います。フィニッシュでは、首を振って、お辞儀して、グラブは後ろに流れてしまいます。

牽制は上手ですし(刺す牽制と、打者の間合を外す牽制を上手く使い分けてきます)、腰を落とす割にはクイックも上手いです。球種的には、MAX143㌔を計測したストレートと、120㌔台のツーシームと、110~120㌔台のカットボールと、120㌔台の縦スラと、偶に100㌔台のカーブは確認。

ストレートの球速は出ないのですが、ノビは中々で130㌔台でも空振りを取れますし(初速と終速の差が少ない)、ツーシームの曲がりは自在に変えてきますし(プロに混ぜてもNO1の代物でしょう)、右打者のインサイドにも投げれますし、縦スラも良いですし、カーブには落差もありますので緩急が付いています。コントロールは、立ち上がりさえ切り抜ければ、アマチュアの中では群を抜いて良いのですが、びっくりするくらい甘いのも散見されます。

★纏め

実績は群を抜いていますが、正直微妙な感じはします。肘を痛めてから、球速を出そうとしても出せないような感じがしますので(もしかしたらまだ肘に違和感があるのでは?とも思ってしまいます)、投球術としては昨年新人王を取った野村よりも上の物はあるのですが、野村は球速もありねじ伏せるピッチングも出来てのものですので、この辺りなんですよね・・・

また、完璧主義者故なのでしょうが、必ず立ち上がりが悪いですので、大学生なら誤魔化して何とか出来たでしょうけど、プロは逃してはくれないですので、この辺りを解消していかなければ当然開幕1軍でしょうけど、早期にノックアウトが続くと、1年目に活躍できない可能性も無きにしも非ずと思います。

初回さえ切り抜ければスイスイ行くのですが、切り抜けられないと球数がやたら多くなりますし、1球1球間合いも長いですので、野手が攻撃に専念できなくなりますので(見てる方もダレるのですから、守っている野手は集中力が切れてしまうと思います)、勝ち星はついて来なくなると思います。

という事で、肘が完治していて全く問題が無ければ1年目から何とかなりそうにも思うのですが、現在も肘に違和感がある状況であって、立ち上がりの難を克服できないようであれば厳しいように思います。

まあ、どっちに転ぶのかは神のみぞ知るの世界ですが、だから高卒プロに行けばよかったのにと今でも思いますけど、良い投手ではありますので何とか活躍してくれることを願っております。


情報提供:アマチュア野球通信

 この選手に関するニュース

 応援メッセージ

* 必須項目
blank

注目選手 ドラフト結果 プロ志望届 球速ランキング
2012 - - 2012
2013 - - 2013
2014 2012 2012 2014
2011 2011 2011 2011
2010 2010 2010 2010


 新着記事・コラム






スカウトコメント一覧