現在の登録選手:15551人 登録動画:2921本 
高校野球新聞ロゴ
 2月17日の新登録選手
清宮幸太郎(早稲田実)
橘内俊治(早稲田実)
堀川尚希(二松学舎大付)
伊東翼(東海大高輪台)
小玉佳吾(東海大菅生)
田中幹也(東海大菅生)
岡崎心(帝京)
田中悠我(帝京)
門脇誠(創価)
宮田蒼太(関東一)
宮本博文(修徳)
石橋康太(関東一)
米原大地(八王子)
早乙女大輝(八王子)
桜井周斗(日大三)

 都道府県版
 北北海道高校野球新聞
 南北海道高校野球新聞
 青森高校野球新聞
 岩手高校野球新聞
 宮城高校野球新聞
 秋田高校野球新聞
 山形高校野球新聞
 福島高校野球新聞
 東東京高校野球新聞
 西東京高校野球新聞
 神奈川高校野球新聞
 埼玉高校野球新聞
 千葉高校野球新聞
 茨城高校野球新聞
 栃木高校野球新聞
 群馬高校野球新聞
 山梨高校野球新聞
 新潟高校野球新聞
 長野高校野球新聞
 富山高校野球新聞
 石川高校野球新聞
 福井高校野球新聞
 愛知高校野球新聞
 岐阜高校野球新聞
 静岡高校野球新聞
 三重高校野球新聞
 大阪高校野球新聞
 兵庫高校野球新聞
 京都高校野球新聞
 滋賀高校野球新聞
 奈良高校野球新聞
 和歌山高校野球新聞
 鳥取高校野球新聞
 島根高校野球新聞
 岡山高校野球新聞
 広島高校野球新聞
 山口高校野球新聞
 徳島高校野球新聞
 香川高校野球新聞
 愛媛高校野球新聞
 高知高校野球新聞
 福岡高校野球新聞
 佐賀高校野球新聞
 長崎高校野球新聞
 熊本高校野球新聞
 大分高校野球新聞
 宮崎高校野球新聞
 鹿児島高校野球新聞
 沖縄高校野球新聞

上本崇司(広陵)


 選手プロフィール
地区: 広島投打: /
高校: 広陵身長: 170cm
学年2008体重: 70kg
守備: 二塁手 遊撃手
短評: 明治大に進学。遠投100m 50m5秒9。兄は阪神の上本博紀二塁手(阪神08年ドラフト3位で入団。広陵→早大)。1年時よりレギュラーとして活躍しているが、課題は六大学で通算打率.190の打撃。


 動画
この選手の動画はありません。

 スカウトの評価
まあ高校時代から見てきた選手ですが、昨秋の模様は以下の通り。気持ち開いて踵を踏み込みながら、グリップを耳の高さに体に近くセットし、ヘッドを動かしながら、投手が腰を落とし始めた所から膝を高く引き上げて回し込んで踏み込むスタイル。

グリップの内への移動が見られ、ヘッドを投手方向に倒しても?観戦日はインサイドのサンプルは無かったですが、厳しいと思います。打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足での踏ん張りは足りないケースも見られました。

外のストレートはライトに叩けます。縦スラの見極めは出来ないものの、ファールでは粘って来ます。膝を柔軟に使える程では無いようですが、コースに決まった左腕のスクリューはライトに叩けるようです。

頭の高さは変わるので、ミスショットも多いです。振り切ってくるスイングは力感が出ましたし、小柄ですが右中間に大きな当たりが打てるケースも見られました。送りバントはまずまずだと思います。

足は速いですが、牽制で刺されたりも見られましたし、現状売りには出来ないかな?守備範囲はかなり広いですし、体も阪神の兄貴よりも強いので、足の速い打者のセンターに抜けそうな辺りを逆シングルで捕球して、瞬時に体を切り返してジャンピングスローで刺して来ましたが、守備は売りに出来ると思います。

と言う事で、大学では毎シーズン酷い打率に終始していますが、グリップの内への移動を緩和して肘を畳んでインサイドを捌けるようになって、膝をもっと柔軟に使えるようになって縦スラもこなせるようになって、甘いボールに頭の高さが変わらないようになれば、本人念願のプロに行けると思います。取り敢えず、春の進化に期待したいものです。


高校時代から毎年見てきましたが、ドラフトされましたので最終寸評を。気持ち開いて踵を踏み込みながら、グリップを一握り余して、顎よりも下の高さにセットし、ヘッドを動かしながら、投手が腰を落とし始めた所から膝を引き上げて回しこんで踏み込むスタイル。グリップを上げるものの内への移動は許容範囲内です。

兄弟そろって、高校時代からグリップの異常な内への移動を行っていましたが、やっと矯正したようですが、インサイドはやや詰まりながらも引っ張れるケースも見られました。打ちに行く際に、腰の開くタイミングは早いものの、膝は開かず、踏み込んだ足での踏ん張りはやや足りないです。

外のストレートはライトに叩けます。縦スラにも、膝を柔軟に使える程では無いですが、ついては行けます。頭の高さは変わるので、ミスショットも出てしまいます。コンパクトに振り切ってくるスイングはまずまずで、一定以上のストレートにも振りまけないのはまずまず。また球に食らいついてくる姿勢も伺えたのは好感です。

足は速いですが、盗塁のシーンがなかったのですが、大学でも毎シーズン盗塁は決めていますし、プロでも盗塁を出来るようになる可能性は高いと思います。

本来セカンドが本職ですが、チーム事情でショートを守っていましたが、守備範囲もまずまず広かったですし、球際にも強そうでしたし、スローイングも安定していました。

★纏め

まあ、大学4年間でまともな打率だったのが3年生の秋の283だけですので、資質から言って正直大学で何をやっていたのだろう?と遺憾ですけど、4年生の秋は上記のように欠点を矯正しつつありましたし、旬の時期では無いですけど、資質から言って指名はありとは思います。また指名したのが広島ですし、この選手は広島の星ですので良かったのではないでしょうか?

まあ1年間は2軍でじっくり育成となるでしょうが、足を絶対的な武器にまで磨いて、打撃もプロの投手たちのボールに馴染んでいければ、2年目からバックアップ要員として、3~4年目くらいからレギュラーを取れるかもしれません。折角指名されたのですから、死ぬ気で頑張って活躍してほしいものです。


情報提供:アマチュア野球通信

 この選手に関するニュース

 応援メッセージ

* 必須項目
blank

注目選手 ドラフト結果 プロ志望届 球速ランキング
2012 - - 2012
2013 - - 2013
2014 2012 2012 2014
2011 2011 2011 2011
2010 2010 2010 2010


 新着記事・コラム






スカウトコメント一覧